同人とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士

同人とは明治時代初期に同じ志を持った仲間同士が集まって、同人誌雑誌を制作していた。同人=エロという意味はない。どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。ちなみに月に1冊出して五百部以上購入者がいたら食うには困らないレベルのようです。サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミックがおすすめ。

その訳は先に配信されるから。bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。

行き遅れBBAの企画をしているチンジャオ娘は最初の同人「しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み」を配信して注目を浴びた。



同人誌のイラストを担当してる人は煙ハク(発煙器官)。
チンジャオ娘の同人がなぜ人気かというとどこにでもいそうな女の子がエッチな出来事に遭遇し、エッチの気持ち良さに溺れていく王道的なストーリーが特徴的だからです。

「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。


チンジャオガールとエンガワ卓のコラボ同人誌サキュバス喚んだら母が来た!?来年の1月に発売予定!3か月間オナニーを禁止したら呪文を口ずさむとサキュバスが召喚できる。ってことを知ったタカシは頑張ってオナニーを我慢。

召喚したサキュバスは自分の母だった。エンガワ卓はサキュバスよんだら母が来たの絵を描く。エンガワの絵の特徴はムチムチした巨乳の女性。

サキュバス呼んだらに出てくる母親も巨乳。


チンジャオガールとの共同作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。
三月に小桜クマネコのエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がブックライブコミックでリリースされる。
手塩にかけるとは少量の食塩のこと。不浄なものを祓うために供えられていたものだが、好みに合わせて料理の塩を調節するためにも使われた。



派生して人任せにしないで面倒をみることを手塩にかけると言う。

サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。
森田タカシ。



男子学生で性交渉はまだない。母親に魅力を感じない。
森田惠利、森田タカシの母。髪がボサボサで女子力なし。
エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。


サキュバスとはsexを通じて男を誘うために女の形で夢に現れる民間伝承における空想の存在。女淫魔とも呼ばれる。



小桜クマネコ。
お腹がぼてっとした女性を描いている。小食OLのイラストをよく書いている。チンジャオガールとの共作ガリガリ娘のヒロインは最初ガリガリだったが、徐々に太っていき、ただの太った女の子になっていた。
いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむちむちしたJKを描いていた。