三月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけ

三月にチンジャオ娘×小桜クマネコの作品『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がブックライブコミックでリリースされる。手塩にかけたとは少量の食塩のこと。

不浄なものを祓うためにあったものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。そこから派生して自ら面倒を見ることを手塩にかけるというようになった。サキュバス喚んだら母が来たの登場人物を紹介。
森田タカシ。男子学生で性交渉はまだない。


母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。


森田惠利、森田タカシの母。
髪がボサボサで女子力なし。エリリン、タカシのもとに現れたサキュバス。その正体は森田タカシの母の森田惠利。チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキュバス呼んだら母が来た!? が2020年春に発売決定!72時間オナ禁するととある呪文を唱えればサキュバスが現れる。



ってことを知ったタカシはオナ禁することにした。

呼んだサキュバスは母親だった。

行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。

同人の絵を担当しているイラストレーターはエンガワ卓(ERONDON HEARTS)。チンジャオ娘のエロ漫画が大ヒットする訳はエッチに興味なさそうな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。

「美人面犬の飼い方」などの同人ではホラー要素も入っていることがあります。
サキュバスとはsexを通じて男性を誘惑するために女性の姿をした形で夢に出現する架空の存在である。



女淫魔とも呼ばれる。



小桜クマネコ。

ぽっちゃり女子のイラストを描いている。小食を装ったOLを愛している。チンジャオガールとの共作ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてに登場した女の子はガリガリだったが、食べまくってぽっちゃりになり、最終的にぼっちゃりを通り越したデブになった。いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむちむちしたJKを描いていた。エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。エンガワの絵の特徴はおっぱいが大きいむちむちした女。

サキュバス呼んだらに登場するサキュバスはムチムチ。チンジャオガールとの共同作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。

サキュバス喚んだらを読むならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。



その訳は先に配信されるから。

ブッコミでは初月の利用料が無料。

同人とは明治時代初期に同じ趣味を持った人達同士が集まって同人雑誌を作っていた。同人=エロという意味はない。



どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の中でエロが爆発的に人気があるからです。

ちなみに月に1冊出して五百部以上購入者がいたら食うには困らないレベルのようです。